犬の散歩のしつけ方② 飼い主の左横について歩かせる

 犬の散歩 しつけ

散歩に慣れてくると、犬はドンドン先に・・先に・・と
グイグイとリードを引っ張って自分のペースで歩こうとします。

それでは、まるで犬に飼い主が散歩に連れて行って
貰っているようになってしまいます。

 

常に、飼い主に主導権があることを
子犬の時期から覚えさせましょう。

そのためには、犬に先頭を歩かせないことが大切です。

 

犬に先頭を歩かせない理由には、飼い主との主従関係の問題だけでなく
実は、愛犬の命を守る上でもとても大切なことなんです。

もし犬が先頭を歩いていて、横から車が走ってきたらどうなりますか?

 

先頭にいる犬が真っ先にひかれてしまいます。
後で気がついて後ろからリードを引っ張っても間に合いません!

アナタの犬の安全を守るためにも、子犬期から飼い主の左横を歩くしつけを
習慣づけさせましょう。

 

犬は小さな子どもと同じです。
まずは、アナタがしっかりと安全を確認して歩かないといけません。

散歩のしつけ ~手順とやり方~

(1)犬が飼い主の前に出て歩こうとしたら、
   リードを後ろに引っ張りその場で立ち止まりましょう。

(2)犬が止まり左横についたらまた歩き出す。

(3)犬が飛び出さなくなるまでそれを繰り返します。

   アナタが立ち止まった瞬間、何度も強くリードが引っ張られるので
   《前に出たら引っ張られる!イヤだ!》と犬自身が体でそれを覚え
   前に出ることをしなくなります。

(4)それでもまだ先頭に出るようなら、立ち止まった後、犬が行きたい方向とは
   逆の方向に向き(アナタが先頭になるように)歩き出しましょう。
   犬が飛び出したら、逆の方向、飛び出したら、逆・・・を繰り返し

   「行きたい場所を決めるのは私!」と
   主導権が飼い主にあることを覚えさせましょう。

 

子犬の時期から始めると、無理なく飼い主主導の散歩ができます。
焦らずゆっくりと繰り返し行いましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ