犬のマーキングのしつけ方

犬 マーキング しつけ方

生後6ヶ月頃~12ヶ月になると人間で言う所の思春期
子犬期から青年期を向かえます。

特にオスの場合は、その頃から立っておしっこをし
自分のテリトリーを主張するようになります。

これが、マーキングと呼ばれる行動です。

 

今まで座って上手におしっこできていたのに
急に室内の柱や立てかけてあるものに向かっておしっこを
かけるということも出てきます。

 

我が家でも、コナンが6ヶ月頃から
急に粗相が目立つようになってきました。

オスの場合、成犬になると自分の縄張りをおしっこをかけることで
匂いをつけて残そうとするようです。

たまに外の電柱の匂いをかいでから、おしっこをしたりしませんか?
それは
「むむむ!僕の領域におしっこかけた奴がいる!上からおしっこを
 かけて僕の領域だって教えてやらなきゃ!」と

他の犬が先にかけた匂いの上に自分の匂いを重ね
消そうとしているのです。

 

室内でそのようなマーキング行為をそのまま許してしまうと
トイレ以外の場所でおしっこするようになってしまいます。
再度おしっこのしつけが必要です。

マーキングのしつけ方をご紹介!

大きな音を出して意識を逸らせる

して欲しくない場所に嫌な匂いをつける

トイレの場所を再度教える

去勢手術で減るマーキング

 

 

犬のマーキング行為を完全に治すことは難しいです。

けれど、それを防ぐことはできます。
飼い主が「仕方がない」と諦めてしまわないで根気強く、
愛犬と向き合って繰り返し行うこと、それが大切です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ