犬のシャンプー使用時の注意点② 体調によってシャンプーは控える

 

熱がある時、目や皮膚にトラブルがある時はシャンプーはやめましょう。

それでも汚れや匂いが気になる時は、
ドライタオル(トリートメント効果入りの)を使ったり、
濡れタオルで体を拭く程度にしましょう。

リンスを数滴垂らしたお湯にタオルをつけて絞ると効果的です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ